雨のおと

今、雨の音がした。久しぶりに雨がやってきた。

「シャー」という音に反応して窓辺にとび出すと

真っすぐ 地面に向かいしずくが大粒だからかな?

光を反射しながらのキラキラした雨。

空にはまだ青空が残る。

すぐに止むな…、って そう思えたけれど

雨の線がなんだか美しい。ちょっと不思議な感じのする雨模様。

息子に言わせればほぼ1カ月ぶりの『降水量』だそうだ。

山が、植物が喜んでる、、って素直に思える。私も。

何所かに虹でもかかってるかな? と あたりを見回し探してみたけど 残念。

けど、雨が洗い流してくれるさっきまでの暑い空気。

久しぶりに降る 雨の姿が心地よくて たたずんでいた ちょっとの時間。

それから数分?雷の音がし始めたとともに一転 

黒い雲が空全体を覆い始めたけれど 不意に止んでしまった雨。

一瞬の幻想的な雰囲気がじめじめ感の強い不快な様相に。

でも、ゴロゴロと 恐ろしく脅かし気味の雷の音が

それほど嫌な感じに聞こえないのはなぜだろう?

うん

毎日が暑すぎたせいだ。

酷暑。命をも脅かす暑さ!と連日言われ続けた夏

まだもう少し『夏』だけれど 過ごしやすくはなって欲しいとは思う。

雷の音は相変わらず。

また雨がふり出した。

思いの外 優しい雨。

湿り気は 心にも弾力を思い出させてくれる気がした。

                     2018

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事