January 8, 2019

November 5, 2018

August 13, 2018

May 22, 2018

April 3, 2018

March 22, 2018

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

ときどき走る

April 3, 2018

とんでもなく最悪な思いに耐えられなくなって ここを乗り切るために

なんとかしなきゃ…。

そう思う時 走る時間を作る。

すぐにはどうすることもできないので 大抵は次の日の朝に走っていたりする。

走り始めの200mくらいだろうか、そこら辺までに決まって小さな後悔の思いが

頭をよぎる。

『やっぱキツいわ!どうしたものか 何処まで走ろう…?』

『いや、歩く感覚で走ればいいから、とりあえずはこのままもう少し先まで…。』

ひとりつぶやきながらボツボツ走っていると

あっという間にドライブコースのてっぺんに到達する。

 

走るコースは自宅から1kmくらい離れた場所から始まる

金華山のドライブコース 岩戸側から上る。

時間のこと、距離的なことを考えていつも頂上で折り返そうと

思いながらも 大抵はそこを越え 

少し先まで走って折り返すコースを行く。

おおよそ7〜8kmくらいか。

 

『あの展望台休憩所』とか『次のコーナー』で折り返そう、などと設定していると

決まって人が居たりウォーキング者に出会ったりする。

すると なんとなくだがそこで折り返すことができなくて 

少し先まで走ることになる。

つまんない見てくれの意地だね。

変なの…、誰も気にしないのにね。

いや そうなんだけれど、体力的には距離が伸びるので うん、よしとしよう。

そんな感じだ。

 

車で山に親しみたい為の金華山ドライブコースだが 

現在、道路整備しているようで あと1・2ヶ月弱は平日において車の通行を完全にシャットアウトしている。

ということで ランナーやウォーキング者にとって

車が入ってこないアスファルトの山道は とてつもなく自然豊かな気持ちのいいコースを十分に堪能できるというすってきな環境にある。

ここのところお天気にも恵まれ 春先の新芽が芽吹く木々の様子、満ちてきた緑も気持ちいい。所々に咲くミツバツツジの花たちや 桜は散り際で木漏れ日の中 はらはらと宙を舞いながら散る様子は本日の特典映像だったような。


本来なら人も含めての完全なるシャットアウトの道路だが
入り口に人ひとりくらいなら通れてしまう通行口があり
散歩の人達も 時には自転車のロードバイカーまでもご利用だったりで
センターラインのあるドライブコースを今だけは安全に支配できる贅沢な環境にある。

ところで昨日の最悪な気分はというと
走ることで本当に何処かへ吹き飛んでいってしまう。
重たい気持ちを終わらせる。
前を向くために変えていく。

 

時間を大切に『今を生きるよ!』と『直に良くなるよ!』と
口ぐせのようにつぶやいて、苦しさに身動きができなくなるくらいなら
大好きな選んだ音楽と自然に囲まれた中での走りが
ひとまず今日1日を変えていくからね。
共に走る音楽はp・マッカートニー、イーグルス、フリート・ウッド・マック、に
本日の邦楽は斉藤和義と柳ジョージでした。(古いケド)
 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square