ときどき走る

とんでもなく最悪な思いに耐えられなくなって ここを乗り切るために なんとかしなきゃ…。 そう思う時 走る時間を作る。 すぐにはどうすることもできないので 大抵は次の日の朝に走っていたりする。 走り始めの200mくらいだろうか、そこら辺までに決まって小さな後悔の思いが 頭をよぎる。 『やっぱキツいわ!どうしたものか 何処まで走ろう…?』 『いや、歩く感覚で走ればいいから、とりあえずはこのままもう少し先まで…。』 ひとりつぶやきながらボツボツ走っていると あっという間にドライブコースのてっぺんに到達する。 走るコースは自宅から1kmくらい離れた場所から始まる 金華山のドライブコース 岩戸側から上る。 時間のこと、距離的なことを考えていつも頂上で折り返そうと 思いながらも 大抵はそこを越え 少し先まで走って折り返すコースを行く。 おおよそ7〜8kmくらいか。 『あの展望台休憩所』とか『次のコーナー』で折り返そう、などと設定していると 決まって人が居たりウォーキング者に出会ったりする。 すると なんとなくだがそこで折り返すことができなくて 少し先まで走ることになる。 つまんない見てくれの意地だね。 変なの…、誰も気にしないのにね。 いや そうなんだけれど、体力的には距離が伸びるので うん、よしとしよう。 そんな感じだ。 車で山に親しみたい為の金華山ドライブコースだが 現在、道路整備しているようで あと1・2ヶ月弱は平日において車の通行を完全にシャットアウトしている。 ということで ランナーやウォーキング者にとって 車が入ってこないアスファルトの山道は とてつもなく自然豊かな気持ちのいい

特集記事
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
ナンプレ表紙ラインアップ
キャラクター診察券
  • tw
  • in

このサイトの全ての掲載物について、無断での使用、転載は固くお断りいたします

© 1990-2020 illustration seez