つたわるもの…

長くイラストを描いてきて思うこと。 たくさんのお仕事、クライアントの要求に応えながら カット的なもの、シチュエーションのイラスト画を本当に数限りなく描いてきたように思う。 初めの内はへたくそだったなぁ。 そう思っても、勿論口にするわけでなく 心の中で思うことだけれど、お仕事をいただけるだけでありがたい以外のなにものでもなく やっとこさ人並みの生活が出来るかも…。 なんてところにたどり着いたと感じた時期が確かにあった。 当時『へたくそ』なんて明確な思いも意識もあるわけではなかったけれど、とにかく一生懸命だった。 時代に助けられ運にも恵まれたと思う。 そしてたくさん沢山描いて 仕事に育てられたとつくづく思う。 何回かに一回は『よしっ!』って自信もって思える作品も増えはじめ、荒削りかもしれないけど、これってイケてるよね。 今振り返っても、そう思える作品もあるにはある。 学生あがりの頃など 描く作品のテーマから何から尖っていたもの。 女だてらに『男の浪漫』的なものに憧れ、そんな世界を表現したい、、なんて時代もあった… 希望があった。 エネルギッシュだった。 あれから20年以上という年月が過ぎているだなんて 信じられない思いはあるけれど その間に随分と描く絵の雰囲気や伝えたいものが変化して まぁるくなって。 色々な失敗や辛い出来事や心が壊れかけた経験。 もちろん喜びもあり たくさんの心が動かされるような出来事も みんなみんな足し算になり 今になった。 特別に凝ったものを描いているわけではないけれど ひとつのアイテムからでも伝えたいエッセンスのようなもの。 混ぜ込んで完成させることが出来る

特集記事
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
ナンプレ表紙ラインアップ
キャラクター診察券
  • tw
  • in

このサイトの全ての掲載物について、無断での使用、転載は固くお断りいたします

© 1990-2020 illustration seez